お金と体にまつわる悩み

          人には聞けないお金・体の悩みなどを解決!

サインバルタは太る?!

サインバルタ(デュロキセチン)とは?
サインバルタ

(一般名:デュロキセチン)は、抗うつ剤として処方されております。

神経と神経の間に発生しているセロトニンとノルアドレナリンの働きを高めることができる薬で、

精神症状の改善に効果を発揮いたします。

また慢性的な痛みにも有効であり、身体全体への治療薬としても幅広く使われております。

神経間に必要な物質が欠けると

セロトニンは不安、落ち込み

ノルアドレナリンは意欲や気力の低下

をおこします。

日本においてはまだまだ新しい薬に値します。

サインバルタの効果

サインバルタは、セロトニンとノルアドレナリンの両方を増加させます。

基本的にセロトニンを中心にノルアドレナリンの効果も期待させる薬になります。

さらに身体の痛みを抑制すること効果があります。

故にサインバルタは、

うつ病・うつ状態
慢性疼痛がある病気全般
さまざまな不安障害
ストレス性の尿失禁
に効果があるといえます。

うつ状態の方において、ノルアドレナリンによる意欲・気力の改善を期待して使われることが多いため、

落ち込みが目立つ方に使われることが多いかと思います。

そして痛みの抑制効果を期待して様々な慢性疼痛で使われています。

鎮痛剤を毎日のように使用するのは、リスクが高いため慢性の方に処方されます。

またセロトニンに対する作用が主であるので、様々な不安障害にも使われます。

そしてストレスによって尿意が強まる方もいますのでストレス性の尿失禁にも、処方されております。

サインバルタの特徴
意欲や気力を高める効果が期待できる
痛みに効果が期待できる
以前の抗うつ剤に比べて副作用が少ない
1日1回の服用でよい
離脱症状がやや強い
またサインバルタの副作用として太る?!

基本的に太る作用は認められておりませんが実際太ったという声が
あるのも事実です。
考え方としては、いままで意欲がなく食欲減退していたものが
この薬の効果にて意欲が増し、食事への意欲も増してしまい
ごはんが美味しく感じてしまうことで、太るのではないかといわれております。
またそれ以外にも、不安に効果があるにも関わらず、意欲がでることで
不安が解消されないことによる焦りが膨らみすぎて、もう私はダメだ。
薬を飲んでも治らないんだと自殺願望が強くなるリスクもあります。
決して焦ることなく、ゆっくりと何年も飲み続けても大丈夫ですので
安心して飲んでいくことが大切かと思います。

まとめ

・ サインバルタはうつ病にありがちなすべてへの意欲の軽減や気力がなくやる気がでないなど

の症状に効果的で、副作用が少ないことにより飲み続けやすい薬といえます。

また慢性的痛みにみ効果を発揮するため、こちらの効果への期待もできます。

しかし薬の止め方が難しく、ぴたっとやめてしまうと離脱症状がでてしまいます。

ですので、量を少しずつ減らして身体にばれないようにやめていかないといけません。

そこだけは気をつけて自分の判断で飲んだりやめたりせず、医師に従って

徐々に減らしていくようにいたしましょう。