お金と体にまつわる悩み

          人には聞けないお金・体の悩みなどを解決!

心のスタンプカード

私たちは、密かに心の中にスタンプカードをもっています。

そのスタンプカードは心の中で思ったことや我慢したこと、黙っていようと思うたびに

押されるカードです。

例えば職場で仕事仲間にいいたいことがあったとします。

でもその瞬間あなたの心はすごいスピードで考えを口にするかを問います。

これをいったら怒るかな、喧嘩にはなりたくないな、嫌な人間に思われるかな、

そのあとから無視されたらどうしよう、仲間外れにならないかな、など考え

一旦口にするのをやめます。

そのとき、押されるのが心のスタンプカードです。

スタンプカードの特徴として、もらったからには貯めたくなる性質があります。

心のスタンプカードも同じ性質をもっています。

スタンプカードを貯めようとして、心が勝手に

相手を監視、観察をし始めます。

また、やるのでは、無意識に観察がスタートします。

そして、相手が似たようなことをすると、ほーらやっぱりやった。

でも黙っておこう、とスタンプカードにスタンプが押されます。

この行動を偏見といいます。

このスタンプカードを手にした段階から相手の人を偏見という目で監視し始めているのです。

それは、相手がなにをやってもそう見える。

どういうことかというと、偏見という事実のゆがみが始まっているのです。

もうその相手の何をみても悪いように繋がるようになっています。

ほら。またほら。とスタンプカードをおしていくのです。

気付いたらスタンプカードが貯まってきています。

そうなるとあなたの心は、もうイライラです。

相手に対して無口になり、態度も変わり、不満が体から顏からにじみでるようになっています。

スタンプカードがいっぱいになるとなにかしらもらえます。

景品や値引き券など。

心のスタンプカードはいっぱいになると

もう我慢ならない。キレてやろう。一言いってやる。爆発する。など

キレながらだいたいあなたは以前からと過去のスタンプの内容を語り始めます。

もうあなたはスタンプカードいっぱい分のスタンプがありますので

一度口火をきったら、もう止めどなくいいたいことがでてきます。

でも相手は、なぜ急にキレ始めたのかがわかりません。

え?なんでこんなことできれてるの?

言いたいことがあればそのときに言ってくれればいいのに。

となります。

もう一度最初に戻ってみると、あなたは最初スタンプカードを押した理由はなんでしたか。

怒るかな、喧嘩にはなりたくないな、嫌な人間に思われるかな、

そのあとから無視されたらどうしよう、仲間外れにならないかな

でしたよね。

これってあなたの理由でいわなかったんですよね。

でもあなたは、相手のために我慢をしたんだと話が変わっていることに気が付いていません。

中身が変わっているのです。

つまり、スタンプカードを押している間に自分がいつの間にか被害者、

相手が加害者と作り上げていたのです。

スタンプカードを持って押し始めたのはあなたの心の中で思うことがあって

スタンプを押し始めたんですよね。

これ以上スタンプをためないために大切なことは、心の中で思ったことを貯めこまないこと。

相手に伝えてみることが大切です。

しかし、言い方が大切です。

相手を攻撃しない、指摘しないこと。

あなたはおかしい。腹が立つなど思ったことを伝えては攻撃です。

これは本音ではありません。

伝え方は、私はこう思う。なぜならこうだから。

と自分の期待している行動はこれで、そうはいかなかったということを伝えることでです。

それが本音です。

そして本音を相手に伝えた段階で、その人のスタンプカードを破棄することです。

今後の結果にも期待しないし、気にしない。

もうその人のスタンプカードも持つ気がない。

相手には相手の考えがあるのです。

ポイントはスタンプカードを貯めないことにあるのです。

いいたいならいう。

そして気にしない。

だってそんな人だから。

でもいいたいことは伝えた。

あとは相手次第と考えるのです。

相手のスタンプカードを持たないことにより、あなたの心はすごく楽になるのです。

スタンプカードばかり貯めていては、心のお財布が重たくなるばかりです。

そこに気づいたら、あなたの心のお財布は軽くなるでしょう。